雑記

【体験記】カフェインを体から抜く脱カフェインの効果が素晴らしかった件について。1週間で起きた離脱症状・改善結果まとめ

仕事を始めてからコーヒーを飲む習慣が付きました。出社してコーヒーを入れて、なくなったらコーヒーをまた入れて飲む生活。

1日2杯~3杯なんとなく飲み続ける日が続き、それでも眠気がくるとエナジードリンクで羽を生やす日々。

寝る時間も眠気がこないため遅くなっていき、仕事中は眠気があると飲んじゃうスパイラル。

ここでようやく気が付いた。

カフェイン取り過ぎじゃね?

というわけで今回はカフェイン取り過ぎ気味だったので『1週間カフェインを抜いてみた』をやりました!

結果的には

  • 夜めっちゃ寝れるようになった
  • 変な疲れが取れた
  • 頭がスッキリした

ので結構おすすめです。

ただカフェインを抜く時の離脱症状がかなり苦しいので注意!

カフェイン抜きって何なの?

カフェインを体内から完全に抜くこと。カフェインは1日~2日程度で抜けますが、常時摂取を続けていると脳が疲れてきちゃうんですよね。

この脳の疲れはだいたい1週間~2週間のカフェイン断ちで回復するそう

ただカフェインに弱い人からいくらカフェインを取っても全然眠れるしへっちゃらだぜ!って人もいるので「俺、カフェインとか全然余裕っす」とかいう人はやらなくてもよさそうです(笑)

カフェイン抜き体験記

僕が日々カフェインを取るものと言ったら

  • コーヒー
  • コーラ・エナジードリンク
  • 紅茶・緑茶
  • 頭痛薬(無水カフェイン)

などなど。

特にコーヒーは常飲していたので毎日飲んでました。計算してみたら多い日で500mg以上のカフェインを体内に入れてる計算に……(1日5.7/kgが推奨量)

一番きつかったのが1日目~3日目。眠気が全然取れずあくびの連続。夜はちゃんと寝れるようになったのにあくびとかしちゃうのでかなりきつい。

ただそれを乗り越えた4日目からはめちゃくちゃスッキリ目覚められたり、結構快適にすごせました。

まとめ:適度に取るのがオススメ

カフェインは眠気を吹き飛ばしてちょっとした覚醒状態にしてくれたり、ほかにも様々な効果が期待できたりするのでカフェイン=悪ということではないんですよね~。

取り過ぎで何かしら影響が出てるのなら少なくしたほうがいいかもね!

ということが今回の結論でした。

ノンカフェインでも最高においしいコーヒー

ABOUT ME
コヤマバ
ITに少しくわしく、旅が好きだけど、ひきこもってブログを書くのも好きな社畜です 「やりたいことは全部やる」を実現するためにがんばってます ◆くわしいプロフィール