旅行

広島県の『呉』で潜水艦と軍艦を見てきた! おすすめの場所やツアーを紹介!

どうも、コヤマバです! 広島の呉で「戦艦巡り」をしてきました。

めちゃくちゃカッコいいものを見れたし、ミュージアムなどで歴史などで学びを深めた後に艦船を見まくるツアーはマジで良かったのでぜひシェアさせてください。

各地の所要時間なども書いてあるので参考にどうぞ~。

【呉の戦艦巡り】各施設の写真と感想まとめ

てつのくじら館と戦艦大和の歴史が丸わかりな大和ミュージアムに行ってきました。

施設同士ほぼ隣接しているのでついでに見ていくのに最適な立地。

てつのくじら館:本物の潜水艦の中を見学できる!


見てください、このド迫力! 街中に突如出現する潜水艦! 

カッコよすぎじゃないですか?

めちゃくちゃインパクトがある外見の『てつのくじら館』ですがこの潜水艦、なんと実際に中に入れちゃうんです!!

これはもう行くしかあるまい!

そして入口に来ると入館無料の文字が飛び込んでくる心強さ

安心して来てください、無料ですよ!

中に入るとめっちゃカレーの匂いがただよってくる……。(カフェのカレーの匂いでした)

潜水艦の説明を始め、機雷の説明や戦争の影響で呉周辺の「掃海の歴史」(海にある機雷を排除する)の展示などがありました。

他にもめちゃくちゃあるので続きは「てつのくじら館」においでよ!

潜水艦の内部へ潜入!

潜水艦って人間の居住性より潜水艦の機能性を優先しているので当たり前だけどめちゃくちゃ狭い。順路は一方通行。

館長室だけ個室。ただ魚雷が真上に搭載されているよう。

まとめ:日本で唯一「潜水艦」見学ができる施設は一見の価値あり!

中で誘導していた人が「隣のヤマトは模型だけどこっちは本物だよ!」と聞こえてきました(笑)

その通りでマジもんの潜水艦が見れるのはココだけですよ!

潜望鏡(望遠鏡みたいなやつ)で遠くの景色を見ることもできる。

呉に来たならついでに見に行こう!

  • 入場料:無料!
  • 所要時間:1時間程度(じっくり隅から隅まで見たい人ならもっと!)
  • 写真撮影:可能 ※混雑により禁止になることがあるそうです。

公式サイト:海上自衛隊呉史料館 | 愛称:てつのくじら館

大和ミュージアム:戦艦大和の歴史・最後まで全てわかる博物館

展示されている戦艦大和は設計図や史実、過去の調査により判明したデータをもとに可能な限り再現したもの。

10分の1スケールで作られているので目の前にするとめちゃくちゃでかい。

上から下、360度から舐めるように見ることができちゃいます。

見れば見るほどカッコいい……

戦艦大和だけではなく本物の零戦の展示もあったりします。

  • 入場料:一般 500円 ※2018年12月時点
  • 所要時間:1時間~2時間程度
  • ※特別展示をやっている場合あり
  • 写真撮影:禁止エリア多め

公式サイト:大和ミュージアム

夕呉クルーズ:海軍所有軍艦に大接近できるツアー!

『てつのくじら館』や『大和ミュージアム』だけではない、戦艦を巡れるツアーがあるんです!

昼間に運行するツアーと夕暮れに合わせて運航するツアーの2種類があります。今回は「夕呉クルーズ」を選択しました。

もうすぐ日が落ちる……そんな中ツアー開始です。

出港して少しして目の前に出てくるのは世界最大規模のコンテナ船。

荷物を全部積み込むと「ONE」の下の少し濃いめの色の部分が全部隠れるほど沈むそうです。

目の前を通過するけどクソでかい

夕暮れをバックに撮影。シルエットがカッコよすぎて震える。

大接近して真横を通り過ぎていきます。

今回はラッキーなことに停泊している戦艦の数が多かったそうです。いつもは遠くの海にいる船もいたとか。

日が落ちるのもあとちょっと。


日没に合わせて海軍によるラッパの演奏が聴けます。演奏が終わったらツアー船も港へ戻ります。

夕焼けに照らされた戦艦は本当にカッコいいし、何より絵になるのでぜひ行ってもらいたい。

戦艦に対して知識はあまり持ってませんでしたが、めちゃくちゃ楽しめました。ちょっと知識がある人なら絶対楽しめると思うのでオススメですよ!

ぼくが行ったときは予約しなくても満席にならずに出発しました。心配な方は予約もできるみたいなので公式サイトを見てみてください。

  • 料金:一般 1300円 ※2018年12月時点
  • 所要時間:30分程度
  • ※チケット販売、集合場所共に呉港

公式サイト:呉艦船めぐり

おまけ:呉のカレー

海軍と言えば海軍カレーが有名なんですよね。それにちなんで呉でも海軍カレーで町おこしをしているみたいです。

ぼくが今回食べたのは「呉ハイカラ食堂」の潜水艦カレー!

いかりの形をしているニンジンがとてもかわいらしい。めちゃくちゃ甘口なはずなのにあとから何故かくる辛さが売りの謎感覚カレー。

今まで食べたことない感覚にビックリしながらも完食。

まとめ:またゆっくり来てみたいと思える街でした

潜水艦、戦艦大和、そして艦船めぐり……。どれもこれもカッコ良い! そしてそれを作ってきた歴史と技術がこの街にある!

そう考えたらめちゃくちゃ熱くなれますよね(笑)

呉の「軍港」としての側面を見ただけでまだまだ魅力がいっぱいありそうな街でした。

また行きます!

「この世界の片隅に」の舞台でもある

てつのくじら館にて原画展をやっていたり、ラッピングバスが走っていたり……原作や映画見ておくんだなぁとちょっと後悔。

だけどてつのくじら館でサンプルが置いてあったので少し見るはずが読破してしまいました(笑)

女優「のん」が語る呉の魅力とおすすめスポット

「この世界に片隅へ」の聖地巡礼としても使えそうな、もはや呉のガイドブックな一冊。

ABOUT ME
コヤマバ
ITに少しくわしく、旅が好きだけど、ひきこもってブログを書くのも好きな社畜です 「やりたいことは全部やる」を実現するためにがんばってます ◆くわしいプロフィール