旅行

【大分/別府】地獄めぐりに行ってみた!アクセス・巡り順・感想等総まとめ!

どうもコヤマバです!

大分県を旅してきましたが、今回は別府にある「地獄」をめぐってきたので、その様子を皆さんにお届けしたいと思います!

地獄めぐりとは?

かつてこの地は至る所から熱湯などが噴出し人々から忌み嫌われ「地獄」と呼ばれていた…。

もっと詳しく知りたい人は別府地獄めぐり公式サイトをチェック!

快適に地獄めぐりをするための事前知識

地獄めぐりをするにあたって事前に知っておいてほしい知識がいくつかります。

というか僕が知りたかったやつ

知らずに行ったけど地獄を全部見切れなかった!

とかがあったら悲しすぎるので、事前に準備していくことをおススメします。

距離が離れている「地獄」がある

大きく分けて2つのエリアが存在します。

ただ徒歩では少し時間がかかってしまうので、時間が余りまくっていたりしない限りは素直にバスを使ったほうが良さげ。

すべての地獄に過度な期待はするな

海地獄や血の池地獄などなどバラエティ豊かな地獄をめぐっていくわけですが、中にはなんじゃこれ?っていう地獄もあったりします。

なるべくハードルは下げたうえで「こんなもんなんだー」みたいな気持ちでいったほうが良いかも。なんか期待と違っても生暖かい目で見てあげましょう

すべての地獄を見るのに結構時間がかかる

7つの地獄がある上に離れている箇所があったり、地獄を見るのに時間を待たなきゃいけない運ゲーが待ち受けていたり、非公式の地獄もあったりと様々な要因がありますが

移動時間含めてざっくり3時間程度は見積もっておいたほうがいいです。もちろん寄り道が多ければ多いほど時間は使うことになります。

30分でサクっと全て見るのは無理なので、事前にめぐる順番とか「この地獄は見なくていいや」とかを把握しておくとスムーズにいけるの事前に計画を立てていきましょう。

営業時間がある

地獄めぐりは24時間好きな時間に巡れるわけではなく、営業時間が決まっています。

8:00~17:00 (年中無休)
※変更されている可能性があるので正確な時間は公式サイトで要確認!

この時間内で見る必要があるので所要時間含めて、どれだけの時間があれば回り切れるかというのを把握しておく必要があります。

別府地獄めぐり以外にも地獄が存在する

これはマジで知らなかったやつ。なんならこの記事を書く前に調べ物をしてる時に気がついたやつ

別府地獄めぐりには「組合」というものが存在していて、いわゆる公式っぽいやつが組合に入っているものでそれ以外はそれぞれ別の地獄としてあったりする。

興味がなかったら飛ばしても良いかも。余裕が有ったら寄り道するのは有り。ただし、公式のチケットとは別に料金が発生するのでそれでもいいやって人だけ。

アクセス方法とおすすめの巡回ルート

※山地獄は地「地獄めぐり」に加入していないので対象外、共通の券は使用不可。

地獄めぐりスタート!

ここからは実際に地獄を巡ってきたので、写真と共に感想を書いていくよ!

海地獄


今回は「海地獄」からスタート!


中に入るとこんな感じで池があったり、庭があったりする

メインの海地獄だけではなく、結構いろんなものがあったり意外と園内広かったりするのでゆったり見て回るのもありかも


はい、来ました。海地獄

めちゃくちゃ湯気が立ってる!

向こう側が見えないくらいに湯気が立つ場合もある。


温泉の色がめちゃくちゃキレイ! 

ちなみに温度は地獄の中でも最高の98度近くなんだとか。

こんな湯気もくもくの中、近くにめっちゃ綺麗な花が咲いてたりする。


スタッフのお姉さんがなんかやってると思ってたら温泉卵を作っているそう


ちょうど入れるタイミングだった


というわけで海地獄で茹でられた卵を頂くことに!!


地獄の卵はやっぱりうまいぜ!

海地獄のお土産コーナーで売ってるので是非。海地獄を見れるテラス席で座りながら食べれるのがなかなか良いですぞ。

鬼石坊主地獄


海地獄から歩いてすぐそこにある、坊主地獄にやって参りました!


なんかポコポコしてる沼がある…


というわけで、坊主地獄はめっちゃポコポコしてる様子を眺めるだけです。

ちなみにこのポコポコしているものが「坊主頭」に見えることから坊主地獄の名前になったらしい。

かまど地獄


お次は「かまど地獄」。

超わかりやすくかつ迷わないように案内があるのでこれに従って進んでいく


はい、やって参りました「かまど地獄」

めっちゃバラエティ感出してきたな


ここでは〇丁目ごとに飲泉できたり、足湯があったりといろんな温泉を体感できる


土色っぽい色になっているのは粘土がお湯によって溶けだしているからだそう


かまど地獄5丁目。時期によって温泉の色が変化するとのこと。

見ての通りエメラルドグリーン色でした!


元々は灰色だったらしいけど年々変化していって今では赤くなったそう

鬼山地獄


続いて鬼山地獄にきました!

さぁ、今度は何が飛び出してくるのやら


まぁ、とりあえず鬼が出迎えてくれる


ワニです。


ワニが飛んでくるらしい…


ということでほぼワニしかいないこの鬼山地獄では温泉の熱を利用してワニを育成しているそう

うーむ、確かに地獄…かな…?


やはり飛んでくるらしい…

僕が見た感じ、じーーーーーーーーーーっとしてるやつらばっかだったので逆に見てみたい気もする


地獄っぽい写真を撮ってみたの図。

この鬼山…というよりワニ地獄を目の当たりにしてもう地獄というものがよくわからなくなってきている

白池地獄


鬼・ワニの次はなんだ! と思ってきたら急にまじめになってきて困る

温泉の色がめっちゃキレイな白池地獄にやってきました


雰囲気もとても落ち着いていいし、和風な日本庭園があったりするのでめちゃくちゃ良いところでした


いやぁ、まじめな地獄(?)だなーと思ってたらきたぞきたぞ…

熱 帯 魚 館

ちなみに水族館みたいにキャッキャできるような魚なんてものはいない。ガチ感溢れる熱帯魚館。


中ではピラルクを始めとする熱帯魚が育っていました

血の池地獄


お次はちょっと移動して「血の池地獄」にやってきました


目にした瞬間、赤色の池が広がる


ちなみに上の展望台から見たらこんな感じ、結構大きい


奥のほうは地味に色が変わってたり


出血大サービスな足湯もあるので是非

竜巻地獄


最後に訪れるのは「竜巻地獄」。


え、こんだけ?

と最初はなっちゃうけど、実は「間欠泉」になっていて温泉が吹き上げるのだそう

ちなみにこれ以外に見るところはないのでやっぱりこれだけである

間欠泉の前には観客席があるので良い位置を陣取ってひたすら待ちましょう


だいたい30分~40分間隔で吹き上がるらしい。


待っていたら3分も経たないうちに出始めたのでめちゃくちゃラッキーだった


めっちゃ勢いよく出まくる


10分くらい出っぱなしでした! ただひらすら眺めているだけです。

まとめ:なんだかんだ楽しめた

結構時間はかかったものの全ての地獄を巡ってきました!

海坊主からの坊主地獄・かまど地獄を目の当たりにした時はどうなるかと思ったけど、なんだかんだバラエティに富んでいて楽しめたから良し!

写真だけじゃ伝わらない迫力やシュールさが満点なので実際に行ってみて体感してみてほしいです!

大分県を観光してみたオススメな記事

『温泉の街』湯布院を散歩してみたら見所満載だった件について
別府とは別の温泉街な「湯布院」を観光してきた記事。おいしいもの、見所たっぷりでした。

『地獄蒸し』って調理方法があるらしいが一体これは何だ?
「地獄めぐり」で有名な温泉の街・別府で地獄蒸しを実際に体験してきました!

ABOUT ME
コヤマバ
ITに少しくわしく、旅が好きだけど、ひきこもってブログを書くのも好きな社畜です 「やりたいことは全部やる」を実現するためにがんばってます ◆くわしいプロフィール